MISSION

01
SDGs
サステナビリティ推進体制

サステナビリティ推進体制

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

CO2排出量を削減

課題認識・目標設定背景

当社工場で排出される地球温暖化の原因であるCO2を削減することで脱炭素社会の実現を目指す

具体的な取組内容

  • LED照明を工場全域で導入
  • 全社一斉のランチブレイクを導入
  • 昼間1時間、工場の稼働を停止させ、実質稼働時間を抑制する。
  • 省エネ・エコエアコンへ変更
  • 断熱効果が高い窓ガラスフィルムに変更
  • 工場内全てLED照明へ変更
  • バイオマス袋へ変更
  • FSC段ボールに変更

職場環境の整備

課題認識・目標設定背景

性別、国籍、職制に関わらず誰もが働きやすい企業風土を醸成するとともに、社員がやりがいと誇りをもって活躍できる企業を目指す

具体的な取組内容

  • 企業内研修の充実と資格取得支援制度導入
  • 各種規定の整備 (出産、育児、介護休暇、セクハラ規定)等の整備および定期的な研修会実施
  • 取締役と組合員代表間で休暇に関する協議を月1度実施。
  • 休暇制度を全社で設定 ①バースデイ休暇 ②介護休暇

持続可能な生産消費形態を確保

課題認識・目標設定背景

再生可能素材の活用や脱プラスチックは最低限順守すべき課題

具体的な取組内容

  • 販売先へ脱プラスチック製品の製造について交渉開始
  • エコ素材へシフト開始
  • 再生可能素材でのパッケージへ変更
  • 使用後商品を回収し・メンテナンスを行い、リユースを実行

02
子どもたちの安心・安全に
貢献するデザイン

子どもや子どもの産み育てに配慮したすべての製品・サービス・空間・活動・研究を対象とする顕彰制度です。

すべての子どもは社会の宝であり、未来そのものです。 キッズデザイン賞は、多様なステークホルダーとともに子どもの未来が持続的で明るいものであるように、「子どもたちが安全に、そして安心して暮らす」「子どもたちが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会を。

キッズデザイン賞受賞歴

2015年キャリフリー チェアベルトキッズデザイン賞 受賞
 避難用3人抱きキャリーキッズデザイン賞 (特別賞)審査員長特別賞 受賞
2017年避難くん 避難用2人抱きキャリーキッズデザイン賞 受賞
2018年避難くん 避難用1人抱きウエストベルトキャリーキッズデザイン賞 受賞
2019年避難くん 避難用新生児キャリーキッズデザイン賞(奨励賞)キッズデザイン協議会会長賞 受賞
 サンクマニエル キューブキッズデザイン賞 受賞
 キャリフリー コンパクトキッズデザイン賞 受賞
 キャリフリー サイドキャリーポケットキッズデザイン賞 受賞
 カドリー ショルダー&コーナーカバーキッズデザイン賞 受賞
 避難用コンパクトキャリーキッズデザイン賞 受賞
 避難用フード付きポンチョキッズデザイン賞 受賞
 避難用ベビーポンチョキッズデザイン賞 受賞
 防災バッグキャリーキッズデザイン賞 受賞
 非常時用チェアベルトキッズデザイン賞 受賞
2020年ツインズキャリー コネクトキッズデザイン賞 受賞
 キャリフリー チェアベルトポケットキッズデザイン賞 受賞
 避難用ポータブルキャリーキッズデザイン賞 受賞
 避難用2人抱きキャリー ベストタイプキッズデザイン賞 受賞
2021年キャリフリー チェアベルトショルダー&メッシュキッズデザイン賞(特別賞)東京都知事賞 受賞
 EVACKiDS 非常時用アレルギービブスキッズデザイン賞(特別賞)審査委員長特別賞 受賞

抱っこひもをより安全にお使いいただくため
日本でだっこひもを生産し、安全性の研究や啓発を行う事業団体に加盟しています。

03
環境への配慮

  • 販売先へ脱プラスチック製品の製造について交渉開始
  • エコ素材へシフト開始
  • 再生可能素材でのパッケージへ変更
  • 使用後商品を回収し・メンテナンスを行い、リユースを実行
  • LED照明を工場全域で導入
  • 省エネ・エコエアコンへ変更
  • 断熱効果が高い窓ガラスフィルムに変更
  • 工場内全てLED照明へ変更
  • バイオマス袋へ変更
  • FSC段ボールに変更